カラード・フロントガラスについて


ドライバーの中にはプライバシーを守るためにフロントガラスに色付きのフィルムを貼っている人もたくさんいます。

特に芸能人や政治家などの有名人が乗る車には、車内が見えないようにかなり濃い色の付いたフィルムを貼っている場合が多いです。

またプライバシーを守る目的ではなくても、車をドレスアップする目的でフロントガラスやその他のガラスに色付きのフィルムを貼り付けているドライバーもたくさんいます。

しかし基本的にはフロントガラス及び運転席ガラスと助手席ガラスには、色がついているフィルムを貼り付けてはいけないことになっています。


(参照記事)UVカット・熱反射に優れた断熱フロントガラス ― ZEROコーポレーションのソーラーインパクト


カラーフィルムを貼った状態で可視光線透過率が70%以上


フロントガラスに色付きのフィルムを貼っていいのは、カラーフィルムを貼った状態で可視光線透過率が70%以上ある場合で、それをクリアできていれば一応は問題なく、車検も通せるようになっています。

ただしフロントガラスや運転席や助手席のガラスに濃い色がついている場合は、走行中に警察に停められてしまう可能性が高くなり、もちろん可視光線透過率が70%以上あれば捕まることはありませんが、そのせいで時間を割かれることは面倒なので、できれば見た目で濃すぎるカラーフィルムはフロントガラスなどに貼り付けない方がいいでしょう。

さらに基準をクリアしていたとしても自動車の整備工場などに持ち込んだ時には、フィルムを剥がされてしまうこともあるので気を付けて下さい。


特殊な金属皮膜


どうしてもフロントガラスに色を付けたいという人や、プライバシーを守りたいという場合は、今では特殊な金属皮膜を挟み込まれた特殊なフロントガラスも販売されているので、そのような商品をフロントガラスに取り付けることをおすすめします。

そのような商品はもちろん保安基準に適合していて、車検もクリアできるようになっていて、走行中に警察に停められる心配もほとんどないので、かなりおすすめの商品と言えるでしょう。

またカラーフィルムを自分で貼り付ける人もいますが、カラーフィルムの場合はしっかりと貼り付けなければ見た目も悪くなってしまうこともあるので、それよりはそのような商品を選ぶことがおすすめとなります。

最近では車好きにはたまらない高性能な商品がどんどん開発されているので、時々最新商品をチェックしてみるといいでしょう。


INFORMATION

2015-10-25
フロントガラスを交換する際には
2015-10-22
カラード・フロントガラスについて
2015-10-18
自動車の安全基準について
2015-10-13
車のドレスアップをはじめよう
2015-10-10
ルノー アルピーヌとは
2015-10-01
キャンピングカーの魅力
2015-09-29
カスタムカーの魅力
ページのトップへ戻る